ブランディングからクリエイティブまでワンストップで IDEA BUREAU

コミュニケーションデザイン

すべてのコミュニケーションシーンに、ブランディング発想でお応えします。

市場や社会の成熟化が進む一方で、インターネットを通して日々情報が氾濫する現在。コミュニケーションにおけるブランディングの重要性は、これまで以上に高まっています。

アイデアビューローでは企業や事業のブランド構築はもとより、プロモーションやクリエイティブなどすべての制作物をブランディングの視点から発想。

お客さまが抱える課題を解決するために、“誰”に“何”を“どう”伝えるべきかを的確に把握し、機能するコミュニケーションを実現します。

顧客との共感を醸成するブランディングへ。「プロダクトアウト」でも「マーケットイン」でもない、双方向の関係から生まれる価値を共有することで信頼を育みます。
顧客との共感を醸成するブランディングへ。
「プロダクトアウト」でも「マーケットイン」でもない、
双方向の関係から生まれる価値を共有することで信頼を育みます。

ブランディングのワークフロー ※商品ブランディングの場合

1. ヒアリング

開発背景や商品特長だけではなく、自社や市場におけるポジショニング、競合他社の動向、事業計画、流通プロセスなど、さまざまな角度からお話を伺い、商品や市場への理解を深めます。

2. 調査・分析

お客さまからいただいた情報を整理・分析。必要に応じてWeb調査やユーザーインタビューなどの定量・定性調査を行い、第三者視点での検証も加えてブランディングの方向性を定めます。

3. ペルソナの作成

商品の訴求ポイントと親和性の高いターゲットの属性をもとに具体的な人物像(ペルソナ)を作成。 ペルソナの目を通して商品を見つめ直すことで、顧客視点での価値を洗い出します。

4. ブランドコンセプトの開発

顧客、市場、商品、それぞれの視点での価値を検証し、ブランドの核となるコンセプトに集約。関係者全員がコンセプトを共有できるキーワードやキービジュアルを作成します。

5. ストーリーの構築

ブランドコンセプトを出発点として訴求構造を整理し、理想的なブランド体験のストーリーをシナリオ化。すべてのコミュニケーションへと反映させます。


ページトップへ